Stomach Cancer

胃がん 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

 

胃粘膜に発生する悪性腫瘍で組織型の90%以上が腺癌。癌の浸潤が粘膜下層(SM)までにとどま早期胃癌と、固有筋層(MP)以下に浸潤した進行胃癌に分類。癌発生の危険因子としてはH.pylori感染、萎縮性胃炎、食塩過剰摂取、喫煙、βカロテンの摂取不足など。

近年胃癌による死亡率は減少傾向であるが、癌死亡率では肺がんに次いで2位。

好発年齢は70代。

(1)無症状。内視鏡検査、上部消化管造営で辺緑不整な陥凹性病変。腫大・融合・先細りを伴うひだ集中。隆起性病変などを認めた場合は早期胃癌を考える。

(2)無症状or体重減少、腹部不快感、心窩部痛、食欲不振、悪心嘔吐、黒色便、易疲労感

内視鏡検査や上部消化管造影検査で、周堤を伴う不整形の潰瘍性病変などを認めた場合は進行胃癌を考える。

確定診断には政権、内視鏡所見などを参考にする。

治療:内視鏡、超音波内視鏡(EUS)、CT、消化管造影などの検査を行い、病変の深達度転移の有無を調べ、全身状態を考慮し治療方針を決定。

 

(1)a.内視鏡的治療:内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

 2cm以下で潰瘍(-)の分化型粘膜癌は内視鏡的治療の絶対適応

   b.外科的治療:縮小手術(胃切除2/3未満+リンパ節郭清)

 内視鏡的治療の適応外のものなどは外科的治療を行う

(2)外科的治療:定型手術(胃切除2/3以上+リンパ節郭清)

 必要に応じて、他臓器(脾臓や肝臓)の合併切除も行う(拡大手術)

 術後補助化学療法としてS-1の投与が勧められる

(3)切除不能

 a.化学療法:S-1+cisplatin(HER2陰性)

   カピシタビン+cisplatin+トラスツズマブ(HER2陽性)

    b.緩和療法:出血や狭窄などの改善のためにバイパス術などを姑息的に行う

 

胃炎からの進展

www.pirorikin.com

Helicobacter pyloriに感染した胃は萎縮性胃炎、腸上皮化生などを経て胃癌へ

早期胃癌は無症状が多く、進行すると体重減少、腹部不快感、心窩部痛などが出現

 

stage分類

https://ganjoho.jp/public/cancer/stomach/diagnosis.html

検査:2 図6参照

TNM分類 T:壁深達度 N:リンパ節転移の程度 その他転移の有無 M:部位

基本は外科的治療でT1a~T1bN0のみ内視鏡的治療+外科的治療

T/NにかかわらずM1の場合化学療法を行う

 

診断

主訴、問診から疑われる場合癌の存在を確認し、各種画像検査などにより進行度診断

検診:ABC検診血性ペプシノゲン値、Helicobacter pylori IgG抗体価

胃癌検診:上部消化管造影、内視鏡検査

確定診断:内視鏡、画像強調内視鏡(色素内視鏡、NBI、FICEなど)、拡大内視鏡、病生検

進行度診断:T因子:内視鏡検査、上部消化管造影検査、EUS

       :M因子:EUS,CT,MRI,超音波検査、腹水細胞診、大腸内視鏡検査、直腸検査

        PET/CT、骨シンチ

 

肉眼的分類と壁深達度

www.onaka-kenko.com

肉眼的分類:頻度はⅡcが最も多く早期胃癌の1/3、ⅡcについでⅡc混合型(Ⅱc+Ⅲ、Ⅱc+Ⅱa)などが1/3を占め、両者を合わせるとⅡcを主体として6~7割以上。隆起型(Ⅰ,Ⅱa型)は高齢者に多く、分化型胃癌が多い。

 

リンパ節転移

http://www.jgca.jp/guideline/fourth/category2-b.html

NX:領域リンパ節転移の有無が不明 N0:転移なし

N1:1~2個の転移を認める N2:3~6個の転移を認める N3a:7~15個 N3b:16個以上

領域リンパ節は胃の周囲におよそ30個ある

 

胃癌の転移様式

血行性転移:血管を介して肺転移、肝転移(最多)、全身へ。

播種性転移:漿膜を破りがん細胞が腹腔内に飛び散る。腹膜播種巣、癌性腹膜炎(腹水)

 女性:Douglas窩転移(シュニッツラー転移) 男性:直腸膀胱窩転移

リンパ行性転移:リンパ節を介し、転移。

 左鎖骨上窩リンパ節転移(ウィルヒョウ転移):腹腔内から胸管を介して左鎖骨上窩リンパ節に至る経路で起こる

 卵巣転移(クルーケンベルグ腫瘍):両側性が多い。播種性、血行性にも転移しうる

 Sister Mary Joseph's nodule:臍部へのがん細胞が播種し、臍に腫瘍を形成すること

 

早期胃癌の内視鏡

NBI:退色調、インジゴカルミン散布(NBI後)、酢酸(易出血、粘液増加のため最後)